Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が子への想い
どんぐり倶楽部の糸山先生は、中学受験塾での経験とその後のどんぐり倶楽部の活動で、数千人(一万人以上?)もの子どもたちを実際に見てきた方ですから、その経験から仰る言葉には重みがあります。

一般のお母さんにはなかなか理解できないようなことも、実際に経験したからこそ言えることがたくさんあるでしょう。少しずつ私にもわかることが増えてきました。

私は塾の経験は数年ですが、企業で10年以上、履歴書・職務経歴書を見続けて、面接で人物を見続けて、その後の社員を見続けてきました。履歴書・職務経歴書をじっくり読んだのは1万通以上、入社したアルバイトの履歴書まで含めればもっと目を通しました。

様々な経歴(国家公務員・地方公務員・団体職員・一般企業・財団法人)、学歴、年齢の方を面接してきました。高学歴で活躍できる人・出来ない人、学歴はそれほどではなくても活躍できる人・出来ない人、活躍している人の行動特性、会社のお荷物になる人の行動特性、人事考課や面談などの仕事で経験してきたからこそわかることがたくさんあります。

言われたことをキッチリこなすまじめで責任感の強い人ほど鬱になったり、多少の負荷でよれやすいなんていうのは、人事をやっている人間からすると常識です。

体を壊し、組織や他人、世の中を逆恨みしてやめて行った社員もたくさんいました。
また、そういったやめ方をして転職活動をしている人もたくさん会いました。
人並みの仕事もできないのに権利ばかり主張するクレーマーのような社員も見てきました。
孤立奮闘して頑張っている中間管理職も沢山見てきました。(結構倒れていましたが…)
仕事はお金のためと、人生のかなりの時間を割り切って生きている人も見てきました。
仕事の成果は出していても、それ人としてどうなんでしょうという人もたくさんいました。
顧客からダメだしを連発されて、結局行き場所がなくなり退職勧奨をした社員も結構いました。

ここにかけないようなこともたくさん経験しましたね(笑)

そういった様々な経験と、糸山先生にははるかにおよびませんが、それでも一般の方よりは多くの子どもたちを見てきて、たくさんの学習方法を研究し試し、その反応を検証し、その結果としてどんぐり式の子育てと学習が素晴らしいと思って教室を運営しています。

だから中学受験をさせたいという方はお断りをしていますし、習い事で忙しすぎる場合は習い事を減らさないと入会させません。勉強の成果(テストの点数)にこだわる方もお断りしています。
(中学受験は健全な受験指導が出来れば、壊される子が減るからやったほうがいいかなぁという気もしますが、受験をさせようとするお母さんたちとうまくやっていく自信がまったくないので当分考えていません…)

そして息子たちには、こんなことをたまに言う程度で、「勉強しろ」なんて言ったことはありません。
(逆に「テスト前だけ勉強して点をとるなんて無意味なことは禁止!受験だけはOKだけどね」です)

義務教育の内容程度は、がり勉しなくても授業を聞くだけで十分でしょう。
言われたことを鵜呑みにするんじゃなくて、自分で判断して行動してね。
他人に人生を決めさせずに、自分で選んだ人生を歩んでね。
ルールや決まりは関係なく、卑怯な人間にはなるなよ。

人生は自分で決めるものですから、あくまで希望ですが息子たちには「起業家・経営者」になって欲しいと思っています。だから、前例主義、疑問を持たない受身の人間にならないように、失敗を恐れる人間にならないように、自分で信じた道ならば人と違う選択も出来るように育てています。

別に起業家・経営者にならなくても、起業家的視点、経営者的視点は必要です。誰もが自分の人生の舵取りをしなければいけないので、その舵を人任せ、組織任せには出来ませんから。(実は企業でも企業家・経営者の視点を持った社員は評価が高いです)

学校自体が産業界の要請を受けて「質の良い従順な労働者」を育てる役割を担ってきた面もあるので、その辺を自然に身につけさせようとしてもなかなか難しいんですけどねぇ。(今は従順すぎてマニュアル人間ばかりになってしまったので産業界も困ってますね)

息子を賃貸物件の掃除に連れて行ったり、入居者を案内して家賃をいただく時に同席させたり、お小遣い制ではなく自分のお金は自分で管理させたり、まあできることをやってます。

だからですねぇ 本当に一流大学にいって欲しいなんて全然思ってないんですよね(笑)
本人が入りたいと思った時に困らないような地頭+学習方法は身につけさせてあげますけど。

英語も資格をとったり、ネイティブの発音を身につけてほしいなんて全然思ってません。
片言のカタカナ英語でも、臆せずコミュニケーションをとれる人間になればOKと思っています。
話せるようには導びこうとは思いますが、優先順位は低いですし本人次第です。


一応教室のホームページにもこう書いてありますのでよろしくお願いいたします。
この考えに共感いただける方のお子さんのみお預かりし、一緒に子育てをしていきたいと思います。


塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓わが子には自分の身は守れるようになって欲しいという方はポチっとお願いします。



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント
昨日はありがとうございました
こんにちは。

昨日は親子姉妹でご指導ありがとうございました。とても長い時間を使っていただいて、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

自分の周りにどんぐりを実践せれているご家庭がないので(知らないだけかもしれませんが)先生のお子様のご成長や、担任の先生とのご関係など根掘り葉掘りお聞きしてしまいました。

図々しく新しく買ったパソコンの設定までお願いしてしまいました(滝汗)

自己流でどんぐりを実践してきましたが、本当にこれでいいの…?(やり方はこれでいいのか、という意味で)と、いつもモヤモヤしていました。
金森先生のお話を伺って思いましたが、ふと…不安や疑問にぶち当たって、糸山先生の本を何度も読み返すのもいいですが、やはりどんぐりのことを理解されている方のご指導をいただくのは全然違います。まあ当たり前ですね。

夫婦で子育ての考え方が違っていましたので、金森先生のお話は本当にありがたいと思いました。私の中途半端な説明では(頭ではどんぐりの素晴らしさを分かっていても、口で説明することができませんでした。)固い頭の人間には通じず、金森先生のお話を伺って、乾いた地面に水が勢いよく吸い込まれていくような感じで、ようやく理解したようです。

たくさんの生徒さんたちがいらっしゃる中で、私たち家族にたくさんの時間を割いてくださって、本当にありがとうございます。
どんぐり帳ではなく学校でのどんぐり式わからん帳の正しい作り方、中学受験や英語教育に対する金森先生のお考え、図形云々と本当にいろんなことを教えていただきました。

あと…、金森先生のご長男のあの、筋肉豆腐の問題です。とても難しいとされるあの問題。たったの二回目で解いてしまわれたのですね。本当にすごいです。分からないことをたくさん親に聞くというエピソードは、まさにエジソンを彷彿とさせますね!

長くなってすみません。ありがとうございました。
[2013/08/30 15:08] URL | sugar #Fdlxjvt6 [ 編集 ]

昨日はお疲れ様でした。
sugarさん こんにちは

昨日は遠いところわざわざお越しくださりありがとうございました。

夫婦で子育ての考えをすり合わせるのは大事ですね…ううぅ胸が痛い(笑)

うちの息子なんて普通ですよ、得意な問題と不得意な問題があるだけです。
長さの問題は未だに逃げ回っていますから(笑)

年長までの子育てはかなりメディアにさらしてしまいましたし、こどもチャ○ンジなんかもさせてましたから。おまけにフラッシュのDVDまで買ってしまったり(笑)

私から見て「ザ・普通のどんぐりっ子」です。
あと人の3倍くらいおしゃべりなだけですね(^-^)
[2013/08/30 16:34] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/936-fd8108e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。