Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教えて欲しかった
「日本小児科医会」の提言(2004年2月)
1.2歳までのテレビ・ビデオ視聴は控える。
2.授乳中、食事中のテレビ・ビデオの視聴はやめる。
3.すべてのメディアへ接触する総時間は1日2時間までが目安。
テレビゲームは、1日30分までが目安。
4.子ども部屋にはテレビ、ビデオ、パソコンを置かない。
5.保護者と子どもでメディアを上手に利用するルールを作る

「日本小児科学会」の提言(2004年4月)
1.2歳以下の子どもには、テレビ・ビデオを長時間見せないようにしましょう。内容や見方によらず、長時間視聴児は言語発達が遅れる危険性が高まります。
2.テレビはつけっぱなしにせず、見たら消しましょう。
3.乳幼児にテレビ・ビデオを一人で見せないようにしましょう。
見せるときは親も一緒に歌ったり、子どもの問いかけに応えることが大切です。
4.授乳中や食事中はテレビをつけないようにしましょう。
5.乳幼児にもテレビの適切な使い方を身につけさせましょう。見おわったら消すこと.ビデオは続けて反復視聴しないこと。
6.子ども部屋にはテレビ・ビデオを置かないようにしましょう。


3人の子どもを産んだうちの奥さんは知りませんでした。
当然私も知りませんでした。

長男の幼児期は企業で働いていたこともあり、子育てにそれほど関われず、NHKの幼児向け番組や幼児向けDVDを見せてしまいました。

幸い年長の頃に生活を見直してメディアに触れる機会をかなり減らしましたが、メディアを制限して育てた次男が年長になり、そのエネルギー、好奇心、行動力を日々見せつけられると、幼児期のメディアの悪影響を感じることがあります。(もともとのエネルギーの量は違うでしょうが…)
注)長男も今は「ちょっと静かにしてて…」と言いたくなるほど元気満々です。

医師会や学会の提言に法的な拘束力はないでしょうが、子どもたちを守り育てるのは社会全体の役割ですから、新しくお母さんになる方には周知徹底させて欲しいと思うのは我がままでしょうかね…。

全て「自己責任」ではすまないですよねぇ

塾用教材教育に関する動画学習動画通信学習馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓メディアから子どもたちを守りたいと思った方はポチっとお願いします。



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/961-0e5fd3f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。