Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大袈裟?
目の前で大量吐血しているのに

糸山先生が良く使う表現ですね。
記事はこちら→http://plaza.rakuten.co.jp/donguriclub/diary/201309260000/

大袈裟だなぁ~

と思いません?

私は思っていました。


過去形です


思っていましたよ~ どんぐり倶楽部に出会った当初は。

とりあえず、塾生の困っている勉強だけをどうにかしようと思っていたから…

でも

無表情

無反応

イライラしている

ロボットのように指示を待つ

考えることを放棄する

頭を使わない作業(単純な計算問題)はものすごい勢いで取り組む

つかれきっている

貧乏ゆすりが止まらない

どんぐり問題は出来なくても学校のテストや成績は良い

形だけの挨拶しか口から出てこない

教室にやって来た子の8割以上に、このような症状がいくつもでているのに、

家庭で小さいころからどんぐり式で育ってきたどんぐりっ子たちや

どんぐりを知らなくても

「テレビ制限・ゲーム禁止・幼児・早期教育なし・習い事ほぼなし」で育ってきた子たち

彼ら彼女らの豊かな表情、好奇心、幼さ、賢さ、逞しさを見てきました。


全然大袈裟じゃないです


比較したいわけではありませんが、どうしてもその違いに涙が出そうになります。


産まれつき?

もともとの性格?

遺伝?

そんな言葉で片付けないでいただきたい。


テレビゲームをやっているときの表情

テレビに魂を吸い取られている状態

嫌々勉強をさせられるときの抵抗とその抵抗をやめた(あきらめた)後の変化

子どもをしっかりみてほしいです。


そして、頭の健康診断の結果

「自分で考えることが全然出来ないように育っている」ことを突きつけられたのに、

訳のわからない計算をひたすら繰り返し、「これ掛け算?割り算?」と聞くわが子をみても

「テレビを見る時間は減らせません」

「ゲームをやめさせるのは無理です」

「うちの子にはあわないかもしれません」

「習い事は最後までさせたいのでやめさせられません」

「ちょっと考えてみます」

そんな台詞を、糸山先生はきっと私の数十、数百倍も聞いてきたはずです。

その子たちを救えなかった無念さも数十、数百倍でしょう。

結構無念ですよ…


ですが、アドバイスを受け入れて環境設定をしっかりしてくれた家庭の子に

子どもらしい表情が戻ってくるのを見るのは

最高です!


教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓なかなか伝わらないのよね~と思った方はポチっとお願いします(^_^)/



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント
そ~なんです。
お久しぶりです。先日はサマースクールでお世話になりました。

子ども達は夏休みが終ることを嘆き悲しむ(ご覧頂いたとおり真っ黒になるほど遊びましたので。。。)時期を過ぎ、芸術祭(学芸会ですね)でやる劇の練習とかで、「見て!」と家事を猛スピードでこなしている私のところに来ては瞬間芸(蛇の腹筋!一人独楽!入浴しながら竹輪くわえて水遁の術!等々)で脱力させてくれています。

今日の記事は実感してます。
本当になかなか伝わらない!
今年の春に金森先生のサンプル問題を上げたお母さんの子が、学童に100?ス計算ドリルを持ってきて、一週間で一冊やったと自慢しているそうです。さらにお友達も巻き込んで100?ス計算ドリル仲間を増やそうと誘っているらしく、あのときのお母さんの「へ~面白いね」は何だったのか???とがっくりきています。その子のお母さんは上の子が6年生男子で、「暇があるとゲームばかりで、ゲーム出来ないとつまんないって言う。」と愚痴っているのにテレビもゲームもほぼ無制限。「うちの子インドア派なのよね。」で済ませています。
ずっと悩んでいなさい!!と思うときもありますが、悪い子達では無いので、不憫です。
せめて、うちに遊びに来たときはテレビ無し、ゲーム無し。たまにどんぐり問題でお絵かき、、、、。とゆっくり子どもであることを楽しんでもらうようにしてます。

あっそう言えば、伺った際にお話しした自宅で塾をされている方に金森先生のことをお話ししました。「誠実な人だね。うちに遊びに来て飲んで話したいね。うちの子ども達を見たら安心するんじゃない?」とおっしゃってました。確かに、口コミだけで生徒さんが集まり、規定の時間以外も受け入れて面倒をみているので、「この子はこうしたら伸びる」と思うところまで付き合ってあげられる時間があり、個人塾の理想かな?と見ていて思います。儲からないけど、、、、。

長くなってすみません。久しぶりにお邪魔したのでつい。

朝晩寒いくらいですね。お体大切になさって下さい。
[2013/09/27 16:26] URL | ごっちゃん #- [ 編集 ]

Re: そ~なんです。
ごっちゃん さん

こんにちは お久しぶりです。
水遁の術は楽しそうですね~(^-^)

「インドア派」もよく聞きます…冗談じゃないですよねぇ(苦笑)

休日はネットゲーム漬けの社会人も結構いますし、引きこもりも増えています。
わが子がそうなっても同じ台詞がいえるのかなぁと思ってしまいます。

まあ中2頃になったら後悔すると思いますけど…。
[2013/09/27 18:05] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/971-a5c251d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。