Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方程式?過不足算?
注意!解き方がわかってしまうから、

塾生および家庭で頑張っている

どんぐりっ子は見ないでね!

お子さんには見せないでくださいね!



今日体験に来た小6ガール。

普段は絵図を描いて問題を解くことはしていないようですが、

学力診断テストの問題で、しっかり絵図を描いて答えを出していました。

類題もやったことがなく、初見の問題ですって♪

なかなかやりますねぇ(^-^)/

S4-83②

長男はこんな感じの絵を描きました

中学の先取り学習などをしている子は方程式をつかって

4x+4=5x-3 
x=7
4×7+4=32               32本

という式をつくって解きます。

中学受験では「過不足算」であまりの4本と不足の3本の数字を足すとグループの数(この場合クラス)になるから、7クラス×4本+4本で32本 と教わります。


自力で解くからいいんだよ~

自力で見つけたやり方は、反復練習しなくても忘れにくいですからね。

教わって覚えると 忘れます!


教わっていないことを自分で考えて答えにたどり着く。

教わって何度も繰り返し覚えたやり方で答えにたどり着く。

同じく答えにたどり着いたとしても、そこから得られる経験値、創意工夫力は全然違います。

小学校の6年間、ずっと受身で勉強することの恐ろしさ…。

何をやるかも人任せ、答え合わせも人任せ、すべて用意されたことを飴とムチでやらされる。

どんな成長をするか、想像くらいはしてみましょうよ。

教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓初見で解くなんてすごいわね~と思った方はポチっとお願いします(^_^)/



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント
難しいですね!
いつも拝見させていただいております。
糸山先生のスピリッツを継ぐ、頼もしいどんぐり先生を応援しております。

うちは、息子が年長からどんぐらーですが、これ、すっごく難しいですね!

過不足算、要はグループがいくつかも書いて出さなくてはいけないんですよね?
書いて解こうと思って、ちょっと自分でもわかりませんでした。

これは、まあ、見守るにしても、どうやって、グループの数を
子供は気づいていくんですかね??

金森先生のお子様は解けたとの事、びっくりです!すばらしい!
[2013/10/03 20:05] URL | 一読者 #mUYDRqu2 [ 編集 ]

Re: 難しいですね!
一読者さん こんにちは

応援ありがとうございます。

低学年でこのタイプの問題の答えを見つける子は、あまりを動かしていますね。

4本ずつで4本あまり。「5本ずつ」になるにはこのあまった4本を分けていくことに気がついたら実は簡単なんですが、私は最初にやったときにこんなシンプルな解き方はできず、方程式を無理やり絵にして解いてしまいました。

方程式を知らない、解き方を知らない状況で、子どもたちの発想の豊かさに日々驚かされます。

うちの子も「えぇ!これわかんないの?」というようなのもありますよ(笑)

[2013/10/03 20:29] URL | 金森 #- [ 編集 ]

なるほど~!
ああ、そうやって発見するんですね!

これは、自分で発見した時の世界の色づき方が目に浮かぶようです。
方程式を見た時はモノクロだったんですけどね(笑)

ちょっと今どんぐりを体感できた気分です。
これは、絶対忘れないですね。

うちは幸い就学前にどんぐりに狙いを定められたので、ずっと
どんぐりですが、小学4年、周りを見渡すと不安になってくる事もあります。
本格的な塾通いがスタートする時期ですからね。

それでも、ストレスフリーでのびのびしている子供をみると、
これで間違ってないんだ、と自分に言い聞かせています。

金森先生、同世代として大きなエールを送っています!
お互い頑張りましょうね!(宿題マシーンも笑)
[2013/10/03 20:54] URL | 一読者 #mUYDRqu2 [ 編集 ]

Re: なるほど~!
一読者さんのお子さんは4年生なんですね、年長からやってきたのなら周りの子たちとは違った成長を遂げていることでしょうね。先生も「この子賢いなぁ」って気がついていると思いますよ。

残念なのはそれが「生まれつき」や「特別」で片付けられてしまうことですね。
結構3年以上どんぐりで育ってきた子は、先生や周りのお母さんに言われることが多いみたいです(^-^)
でも本当に大事なのは子ども時代を「ストレスフリーでのびのび楽しむこと」なんですけどね、賢さはおまけ(凄く大きなおまけですけど)

頑張りましょうね(^-^)v
[2013/10/03 21:46] URL | 金森 #- [ 編集 ]

かしこさ
周りの人がいうかしこさって、なんだろう?って時々思います。

あの子はかしこい!と言うので、聞いてみると、
難しい計算を速く解いたとか(・・・・)、たくさん漢字を知ってるとか(・・・・)、
まあね、そんな事うちがいったら、負け惜しみ!って言われちゃうので言えませんが、それって本当のかしこさなのかなあって思います。

先生のお子さんは、囲碁とかやります?
年の近い兄弟がいると、囲碁すごく上達しますよね。
うちは去年まで囲碁2段だったのですが(最近はできない環境なので・・・)
結構とんとん拍子に短い期間で強くなったのは、どんぐりのおかげだろうなあって思っています。

私にとって、糸山先生は、もちろんスーパーカリスマであり、ある意味同志であり、尊敬している方なのですが、この度ブログを終えられてしまった事に、すごい寂しさを感じていました。親はかれこれ7年近くどんぐり勉強していますから。(また、やっかいなんだ、これが。大体のところ掴むのに、ホントに3年位かかりましたよ)

そして、糸山先生がこんな風にブログ終わっちゃったら、どんぐり廃れちゃうんじゃないかなって不安でした。(まあ、もちろん本物は残っていくんだろうなとは思っていますが)

でも、こうして、金森先生が精力的に頑張っていられる姿を見て、感動しています。
だって、どんぐりって色々波風激しいじゃないですか(笑)

なので、私からしたら、金森先生は一種の励みでもあります。
いつも、素敵な記事をありがとうございます。
[2013/10/03 22:51] URL | 一読者 #mUYDRqu2 [ 編集 ]

Re: かしこさ
私がやらないので息子たちは囲碁・将棋はやってないですね。

させたいなぁという気持ちはあるんですが、たまにオセロをやったり、ドンジャラをやったり。
おそらく家族麻雀に発展すると思います(笑) 
ただ2歳の三男が全部めちゃくちゃにしちゃうのでボードゲーム類はあんまり出来ないです(^-^)

糸山先生のブログ終了は残念ですね。楽しみが一つ減りました。
でもどんぐり倶楽部の活動事態を辞めたわけではないので、ブログにかけていたエネルギーを執筆活動に向けて新刊発行!なんてことをひそかに期待しています(^-^) …勝手に期待しているだけです♪

私のブログはマイペースに続けていきます。
奥さんいわく「お母さんたちの気持ちを全然わかってない(怒)」ことも書いてしまいますが、軽く流してお付き合いください(笑)
[2013/10/04 00:30] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/975-ddca5f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。