Gフォレスト新松戸校ブログ
地頭を鍛える新松戸の学習教室&パソコン教室のブログです。
プロフィール

金森

Author:金森
Gフォレスト新松戸校

最新記事

カテゴリ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2020年
2020年、7年後といえば東京オリンピックですね。

決まったことですから、賛成、反対を論じても意味がないので書きませんが、

こちらには大いに物申したい。


行政は2020年にこういう教育環境を目指しているそうです。

特に小学生に!!


出来るだけメディアから遠ざけ、子どもの心と頭を守って大事に子育てしている家庭にとっては悪夢です…。

7年後といえば、、、丁度三男が9歳です。

なんとか9歳の壁を乗り越えようとしているところへ、学校でこんな環境を用意されたら、

テレビゲームやメディア依存特有の無表情が、わが子に表れたらと思うと恐ろしいです。


情報端末に早くから慣れさせた方がなんて意見もありますが、

そんなのは各家庭がやることであって、学校でやる必要はないと思います。

というよりも、そんなのはまずは人間に育て上げてから の話です。

情報化は大いに結構ですが、あくまで教員や学校組織の事務の効率化や作業の効率化に使用するものであって、人間の教育に使うのは限定的であってほしいです。

「朝顔の育て方」を5分程度の動画で終わらせるようになってしまったら、

育てる楽しみがなくなってしまうんじゃないの?

「春の植物」はこういったものですなんて動画を見せられたら、

外にでて植物探索をしなくなってしまうんじゃないの?…すでにしていないか。


タダでさえ

魚の切り身が泳いでいると思っている子や、

リセットボタンを押せばなんでもやり直せると思っている子、

人間は死んだら生き返ると思っている子が増えているのにねぇ
少し前のデータですが恐ろしい結果がでています。


ますます情報端末に依存して、

人の目を見ないで会話する人ばかりになりそうですね…。


ICTを使った塾を開業し、こんなことやっていては子どもたちはダメになると思って

アナログの、しかもどんぐり式を導入した人間としては心配でなりません。


結局ICT学習は、何かを覚えさせるには効果的ですが、

人間を育てる視点でみると、危険極まりない学習なんですよね。

それに気がつかないと、恐ろしい時代がやってきます。


不便な生活は頭を使います。

便利な生活は頭を使いません。

だから、子ども時代はあえて不便な生活をおくらせてあげないとね。


教育の現状を話していると、パソコン教室の会員さんたちが、

「私達は子育て終えたからよかったぁ~」

とよく言っていますが、心からそう思いますよ。やれやれ

教育に関する動画学習動画通信学習もうひとつのブログ馬橋北小学校 馬橋小学校 北部小学校 小金小学校 古ケ崎小学校 旭町小学校 横須賀小学校 新松戸南小学校 幸谷小学校 新松戸西小学校
↓↓2020年はうちもまだ子育て中だわ~と言う方はポチっとお願いします(^_^)/



にほんブログ村

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。
いつもありがとうございます。

文科省の中心になっている世代がすでにマニュアル世代なのでしょう。
子どもの頃にはテレビゲームとコンビニがあり、将棋の羽生善治さんがパソコンで将棋修行した後輩に負けたことを知っていて、アナログがデジタルに負けたと とらえ違いをしている。
幼少の頃から先端技術に触れさせれば更に進化する。
と考えているのだと思います。

どこまでも勘違いが進んでいる。
本当に怖いです。

全て昔が良いとは言いません。でも、全て新しいものが勝っているとも思いません。

教育に携わる全ての人にもう一度今までの検証をして頂きたい。
時代の波に乗るというのは流されるわけでは無い。
立ち止まって考える時期だと思います。

最近「吉田松陰」を読み返しています。なんか、私の中で糸山先生と金森先生始めどんぐり指導者として頑張っていらっしゃる先生方が吉田松陰と門下生に見えてしまいます。
確実に良い方向に変わって行くと信じて どんぐり を続けて行きます。

一緒に子ども達を守る楯になって下さいね。



[2013/10/09 10:58] URL | ごっちゃん #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
ごっちゃんさん

文部科学省のパンフレットには

確かな学力、豊かな心、健やかな体といった「生きる力」を育てることが求められると書かれています。完全にお題目になっていて、ただ、単元の内容を効率的に身につけさせることばかり目がいっているようですね。

きっと現場の意向は反映されていないでしょうから、きっと大混乱するでしょう。
そのツケは子どもですから、今から覚悟しておかないと…。

家庭でどんぐり&思う存分外遊びでリセットできるのか不安です。
田舎へ行ってホームスクールもありかなぁなんて思ってしまいます…。

大人でも長時間パソコンやテレビを見ていると頭痛がします。毎日の学校生活で同等以上の刺激を与えて、まともに育つとは思えないんですよね…。

盾になる人を増やしましょう。
[2013/10/09 11:42] URL | 金森 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://pegashin.blog53.fc2.com/tb.php/983-66ccab62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。